16.12.2014 - Education Sector

ユネスコスクールの生徒がESD(持続可能な開発のための教育)推進に向け共同宣言を採択

L. Saldari -Adoption of the Joint Declaration by UNESCO ASPnet

11月7日、32カ国のユネスコスクールから参加した生徒160名が、持続可能な開発のための教育(ESD)推進に向けた共同宣言を採択

岡山で開かれたユネスコスクール世界大会に参加した生徒たちは、世界が直面している難題への対応を話し合い、持続可能な将来のための考えや熱意を共有しました。

共同宣言では、世界中で持続可能な開発を成功させるためにESDが不可欠であるとする考えを表明し、環境、文化、伝統、そして年齢や住む場所にかかわらずほかの人たちを尊重することの重要さを訴え、そうした姿勢を率先して示していくと宣言しました。

共同宣言はまた、責任ある活動や、相互理解を深めて刺激となるような、創造性に富んだプロジェクトを通じて何が実現できるかにスポットを当てています。

 

 




<- Back to: Dynamic Content Single View
Back to top