グローバル・アクション・プログラム

 

ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)は、ESDの取組みの推進・拡大を目指すもので、2015年以降のESD推進に大きく貢献するものと期待されています。

GAPの全体目標は、持続可能な開発を加速するために、教育・学習の全ての段階・分野で行動を起こし強化することにあります。

 

GAPには以下の二つの目的があります。

  • 全ての人が知識、技能、価値観、態度を得る機会を持つために、教育・学習を再方向付けし、持続可能な開発に貢献し、実際に成果を上げるよう能力向上すること。
  • 持続可能な開発を促進する全ての関連アジェンダ・プログラム・活動において、教育・学習の役割を強化すること。

 

GAPは、以下の5つの優先行動分野に焦点を合わせます。

  1. 政策的支援
  2. 教育・トレーニングの場に持続可能性の概念を取り入れる(機関包括型アプローチ) 
  3. 教員やトレーナーの能力向上
  4. ユースの役割支援と動員
  5. 地域コミュニティや地方政府にコミュニティ・レベルのESDプログラム策定を推奨

 

 

 

Back to top